気になる人

成田悠輔の勉強法は?出身中学高校・東大首席卒業など学歴も調査!

成田悠輔さんをご存知ですか?

実業家で経営学者

現在、アメリカの超名門イェール大学で助教、日本では半熟仮想株式会社代表取締役を務めており、

最近は多くのメディアに出演さている成田悠輔さんに注目していきます。

まず、成田悠輔さんは東大を首席で卒業したと言われているのですが、子供の頃は不登校気味のお子さんだったとのことで、、、

「不登校の子が東大合格?」

「しかも合格しただけじゃなくて、首席?」

「それでもって、今はイェール大助教!!!」

どんな勉強法をしたら、頭がよくなるの!?と思いませんか?

そこで、この記事では、

『成田悠輔の勉強法は?出身中学高校・東大首席卒業など学歴も調査!』と題して、

・成田悠輔さんの勉強法をしていたのか?

・どんな学歴(出身中学・高校・東大首席卒業エピソード)なのか?

調べてまとめてみました。

ではいってみましょう!

成田悠輔の勉強法は?

成田悠輔さんの勉強法は、

人には真似できない理解できない天才的な方法!

とだけ、まずお伝えします。

 

不登校気味だった成田悠輔さん。

どのような勉強法を取り入れれば、学校にいかずに東大に入れるのでしょうか?

成田悠輔さんは、『日経テレ東大学』というYouTubeチャンネルで、自身の勉強方法について、説明してくれています。

『日経テレ東大学』とは

日本経済新聞社とテレビ東京が「本格的な経済を、もっとたのしく学ぶ」をコンセプトに立ち上げたYouTubeチャンネル!

日本の大学は点数を取れればいい!

学校へ通うと、東大へ行けるわけではなく、日本の大学に合格するには入試で点数を取ればいいと話す成田さん。

フツーの人はそこが難しいんだと思うのですが、、、

過去の問題を見て、教科書を見て、『こういうときにこう動いたら、点数が高い低いが決まってる』という法則を見つけて、それなり練習していれば、なんとなくできるようになる

学校行って、どうやって勉強すればいいか習ったり覚えたりするより、家で自分でゲームやってマスターする感覚と同じなんだそうです!

特に、日本の大学受験はそうゆう感覚でできてしまうと話していました。

 

もう勉強法もあったものではないですね。

感覚的に勉強をゲームに置き換えて、やっていたんですね

日本の教育システムは自分に合っていた

現在、アメリカのイエール大学の助教をしている成田悠輔さんは、日本の教育システムに生まれてよかったとも話をしています。

アメリカの大学入試は勉強だけじゃなく、総合的に評価する日本でいうAO入試みたいな感じ。

アメリカの大学は入学してからも、しっかりと出席し、頑張って先生に好かれ、サラリーマンみたいにしっかり宿題やって、、、ということが出来る人が、成績が高くなる世界。

成田悠輔さんは不登校だったこともあり、あまりコミュニケーションを得意としていないことから、

そういう(アメリカの教育システム)世界だと社会性のある人じゃないと生きていけない=『日本の教育システムに生まれてよかった』とおっしゃっていました。

成田悠佑の学歴《出身中学高校》は?

成田悠輔さんの高校までの学歴をまとめました。

成田悠輔さんの出身中学は麻布中学、出身高校は麻布高等学校!

出身中学・高校だけみても、めちゃくちゃ高学歴ですね!

東京都北区にある区立滝野川小学校を卒業した成田悠輔さん。

成田悠輔は麻布中学出身!

成田悠輔さんは、重度の睡眠障害を患っており、なかなか規則正しい生活ができず、登校途中に道で寝てしまう事もありました。

小学校から不登校気味でしたが、勉強はよくできたため、偏差値76の麻布中学を受験し合格!

ただ、中学でも不登校気味でした。

成田悠輔は麻布高校出身!

麻布中学から内部進学した成田悠輔さん。

テストはできるものの、ネックは出席日数!

毎年、出席日数が足りず、進級が危ぶまれたのですが、

『プリント1枚提出すると、出席10回』に換算してくれるという特別サービス!?でなんとか進級、そして卒業できました。

成田祐輔の学歴《東大首席卒業》!

高校卒業後、大学に進学せず、1年程バックパッカーのようなことをしていた成田悠輔さん。

母親に「大学は卒業して」とお願いされ、東京大学経済学部に進学します。

なんだか、勉強法と言い、簡単に試験を突破してしまった雰囲気が漂っていますよね。

意識せずとも勉強ができる天才

先ほどのYouTubeチャンネル『日経テレ東大学』にて、

ひろゆき氏が

「大学に入学すれば、テキトーに卒業できるのに、なんで頑張って『首席卒業』になるまでがんばったのですか?」

と成田悠輔さんに質問すると、

頑張らなくても、研究が好きで、小学生が工作しているような感覚。

勉強というより新しいものを自分で作る、新しい事実を見つけるのが楽しくて、

その他の単位を取るとかというのは他の副産物的なものはついてくるもので、そんなに頑張らなくてもできてしまった

と答えました。

つまり、意識的に頑張らずにも、好きなことに没頭していたら、なんとなくできてしまったということなんですね。。。。

首席卒業エピソード

東京大学経済学部では極めて優れた卒業論文を提出した学生を表彰する「主席論文大内兵衛賞」というものがあります。

成田悠輔さんはこの「大内兵衛賞」を受賞したので、『首席で卒業』ということになっているんですよ。

『首席卒業』というと、単純に成績が1番だったという意味合いで取る方も多いと思いますが、そこは少し違うのですね。

東大卒業後の学歴

成田悠輔さんは東大卒業後、マサチューセッツ工科大学に進学しています。

googleマップに「由緒ある私立の研究大学」と記載されています(笑)

マサチューセッツ工科大学は、

アメリカ、マサチューセッツ州ケンブリッジにある1861年創立の私立の名門研究大学。

科学、工学科で知られており、ノーベル賞受賞者を81名輩出しています。

世界大学ランキングで2013年~2021年、世界第1位!

世界ランク1位の大学で学んだとは、天才も桁違いですね。

マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。

つまり、大学院の博士課程を修了しています。

まとめ

成田悠輔さんの勉強法は、

ゲーム感覚で問題をクリアしていくという、人には真似できない理解できない天才的な方法!

でした!学歴は、

出身中学高校は麻布中→麻布高校!

東京大学首席卒業(大内兵衛賞を受賞)→マサチューセッツ工科大学博士課程修了

でした!

ちなみに成田悠輔さんのメガネ、

気になってる方はこちらの記事でメガネを紹介しています!

成田悠輔の丸四角メガネのブランドは?値段や取扱店・通販情報も!

『成田悠輔の勉強法は?出身中学高校・東大首席卒業など学歴も調査!』

最後までご覧いただきありがとうございました。

RELATED POST
error: