気になる人

中村格の経歴プロフィール・出身高校大学も!警察庁長官22年9月に辞職

警察庁長官の中村格(なかむらいたる)氏が、9月27日の安倍晋三元首相の国葬後に辞職するニュースがでてきました。

辞職とは言えど、内情は安倍元首相を銃撃から守ることができなかった件での更迭とみられています。

これまでたびたび話題になってきた中村格警察庁長官の、

・中村格のスーパーエリートな経歴

・中村格のプロフィール

・中村格の学歴(出身高校・学歴)

について、

「中村格の経歴プロフィール・出身高校大学も!警察庁長官22年9月に辞職」と題して、調べたことをまとめていきたいと思います。

中村格の経歴プロフィール

警察庁長官の中村格氏の経歴をプロフィールと絡めて紹介していきます。

名前:中村格(なかむらいたる)
出身:福岡県福岡市
生年月日:1963年7月4日(2022年で59歳)

家族構成:不明

福岡県福岡市出身の中村格氏は、1986年、警察庁に入庁しました。

その後役職の経歴は以下の通りです。

1989年:和歌山県警察捜査第二課長

1992年:千葉県警警察捜査第二課長

1993年:警察庁刑事局捜査第二課課長補佐

1997年:在タイ日本国大使館一等書記官として3年間外務省に出向

タイから帰国後、
・警察庁交通局運転免許課理事官

・刑事局捜査第二課理事官

2003年9月~2005年8月:警視庁刑事部捜査第二課長

2010年:仙谷由人内閣官房長官の秘書官

2012年12月:菅義偉内閣官房長官の秘書官

2015年3月:警視庁刑事部長

2016年8月:組織犯罪対策部長兼生活安全局付兼刑事局付兼官房付

2017年8月:総括審議官兼警備局付

2018年9月:警察庁長官官房長

2020年1月:警察庁警察次長

2021年9月:警察庁長官就任

警察庁長官を1年半務めた2023年3月に、現在、警察庁警察次長をしている同期の露木康浩氏に長官を譲る予定でしたが、

安倍元総理の国葬の儀を終えた後のタイミングで辞職するとみられています。

中村格の出身高校・大学

第29代警察庁長官の中村格氏の学歴を調べてみました。

中村格氏の出身高校は、私立ラ・サール高校 でした!

中村格氏の出身大学は、東京大学法学部 でした!

中村格の出身高校

中村格氏の出身高校は、鹿児島県鹿児島市にある私立ラ・サール高校でした。

全国屈指の超進学校!

県外からの受験者も多く、学生寮があり、

福岡市出身の中村格氏はおそらくラサール高校の学生寮に入っていたと思います。

偏差値はなんと78!

偏差値ランキングでは全国2位!
(ちなみに1位は神戸の灘高校の79)

ほぼ全国TOPの高校を卒業していて、卒業生の多くは難関国立・私立大学に進学します。

2022年は45名の東大京大合格者数を出していました。

中村格の出身大学

中村格氏の出身大学は、東京大学法学部卒業でした。

東大法学部を卒業して警察庁に入りました。

警察官には、「警察庁」「都道府県警察」「皇宮警察」の3つがあります。

中村格氏が入った「警察庁」はいわゆるキャリア組と呼ばれる警察官で、国家公務員。

警察庁の警察官は、交番など現場で働くのではなく、警察組織の幹部としてキャリアアップしていきます。

警察庁に採用されるには、「国家公務員採用試験」に合格し、さらに「警察庁」採用されなければ入庁できません。

その採用は毎年10名程度と言われており、狭き門のようです。

交番にいる警察官の方とは、違う感じですね。

まとめ

中村格氏の出身高校は、私立ラ・サール高校。

中村格氏の出身大学は、東京大学法学部。

警察庁に入庁してから、出世の階段を上り続けたと言われいる中村格氏。

任期半ばの警察庁長官の辞任はすごく珍しいことなんだそう。

それだけ、安倍元総理の事件の影響が大きかったと言えそうです。

「中村格の経歴プロフィール・出身高校大学も!警察庁長官22年9月に辞職」

最後までご覧いただきありがとうございました。

RELATED POST
error: